カナダの求人・仕事探し支援 --- 英文履歴書(レジュメ)作成からビザ申請まで、 カナダの仕事探しをトータルにサポートします

仕事に関する疑問まずはご相談を!

求人の探し方

英語レジュメ・面接までの必勝ノウハウ

こんなに求人があるのに、なぜ仕事が決まらないの?

カナダへやって来て数か月。新しい出会いも多く、観光やパーティーなど楽しく過ごしてきたけれど、気が付けば、フトコロも寂しくなってきて、いよいよ本格的に仕事探しを始めようか、なんていう人も多いのでは?
カナダは一時の不景気からもようやく抜け出し、ここのところ求人広告も増えてきたようだし、街を歩けばお店の窓に「Now Hiring」なんていう貼り紙も良く見かけます。
実際、人材カナダでも雇用者からの依頼や問い合わせは増加傾向にあり、求人案件は増えているようです。
仕事探しを始めれば、すぐに働き始められる!なんて思っていませんか?

しかし、「レジュメを渡したが返事がない」「求人に応募しても書類審査で落ちた」「面接までいったが、うまく自分のアピールができずに採用されなかった」との声を多く耳にします。それはなぜでしょうか? その原因は、「レジュメ」「カバーレター」「面接」の3つに尽きると言っても過言ではありません。

本来のレジュメの作成方法を知らず、ルールを無視してレジュメを作ってしまう人が多いのも残念ながら事実です。また、日本語の履歴書感覚で、内容の薄い英文レジュメを用意している人も、後を絶ちません。

カナダ求人就職

レジュメ・カバーレターは、「あなた自身を宣伝する広告」であり、あなたのやる気を最初に見せる「武器」なのです。
内容の薄いレジュメだけで応募をしても、担当者の目にもとまらなければ、「応募をしていない」のと同じといっても過言ではありません。

このコーナーでは、実際のレジュメ作成から始まり、希望の雇用主から「採用」を勝ち取るまでの基本を踏まえ、人材カナダならではのアドバイス、またさらに少し上を目指した仕事探しのステップをご紹介します。

仕事するまでの流れ

就職 カナダ

まずは、求人情報を探しましょう。人材カナダでは、未公開求人も常に控えてあり、 誰よりも先に応募をして、チャンスを掴めるオンライン応募機能 もあります。 すぐに、自分に合った仕事を見つけられます。


レジュメ 英語

次に、レジュメを書きましょう。
レジュメの書き方次第でかなり印象の良し悪しが変わってます。

⇒⇒⇒レジュメの書き方はこちらから

カバーレター

レジュメを書いたら次カバーレターを書きましょう。
カバーレターは、レジュメの表紙になるもので、
ある意味レジュメより大事と言えるかも知れません。

⇒⇒⇒カバーレターの書き方はこちらから

面接 カナダ

いよいよ最終段階の面接です。
いい印象を残して採用されるのを待つのみです。

⇒⇒⇒面接の極意はこちらから

▲ページトップ

 


求人の探し方

自分に合った仕事を見つけよう!

求人を探すには、色々な方法があります。以下の方法は基本的な探し方です。

新聞・雑誌のチェック ほとんどの新聞に、クラシファイド(求人)情報が出ています。新聞等は、道に設置してあるフリーペーパーボックスから、日系の新聞や雑誌ならば、ジャパニーズレストランや、日本人が多く利用するスーパーやお店に置いてあります
インターネットで探す インターネットでも、求人を多く募集しています。グーグルなどで、「カナダ 就職」「カナダ 人材」「カナダ 求人」など、求人に関する単語を入れて検索すると、沢山の情報が出てきます。
エージェントに登録する 仕事探しを手伝ってくれるエージェントなどに、登録しておくと、自分にぴったりの求人が出てきたときに常時知らせてくれます。簡単に仕事を見つける方法の一つです。
→→→人材カナダへの登録はこちら
歩いて探す お店などは店頭に従業員募集の張り紙などがでていることがありますので、直接履歴書を持って売り込む方法もあります。
飛び込み 自分が働きたい会社やお店などに直接電話、または出向いていって空きのポジションがあるかマメに聞いてみるのも1つの手です。あいているポジションがあったら、ラッキー。駄目で、もともとで行ってみましょう!
友達経由 友達経由は双方の信頼関係が成立しているためトラブルが起こりにくいでしょう。日々の出会いを大切にして、友達に「仕事を探している」ことをアピールしておきましょう。確実ではないですが、たまたま友達の働いている企業で人を探しているってことも有り得ます。
▲ページトップ

 

これだけは知っておこう

■求人が多い時期
今はカナダが好景気にあるため、求人が増えてきています。観光シーズンの夏はもっとも求人が多く、冬はバンフやウィスラーなどウィンタースポーツが中心産業となる場所は、冬も求人需要のピークです。また、ウィンタースポーツのクラシファイドは、人気があるため競争率が高いのが現状です。求人情報を見つけたら、すぐに電話でアポを取り、完璧なレジュメを作りましょう。

■チップに関してのルール
レストラン・タクシー・ルームサービスなどいわゆる「人によるサービス」に対して、受けたサービスに対する感謝の気持ちでチップを置きます。
日系のレストランなどでは、キッチンも含め従業員同士でシェアすることが多いですが、カナダのレストランなどでは、一般的にウェイトレスが100%もらえます。その点では、同じお客さんの多いレストランなら現地(カナダ)のレストランで働くほうが多く稼げるといえるでしょう。ただし、チップに関するルールは雇用主によって違いますので、雇用前に確認しましょう。
(雇用主によっては全員のチップを集めた後等分するシステムだったり、初めから価格に含まれていたりと様々で、そのまま自分の収入になるとは限りません。)
チップを足して時給が州の最低賃金を下回るケースも聞かれます。法的にはチップは給料以外の収入と捉えられるので、この場合雇用者の違法行為となりますから注意しましょう。

■トラブルの場合
よく原因となるトラブルは雇用条件に関する認識のずれなどです。(例えばチップの扱いや、残業の扱い、給与の支払い関係・・など) 雇用時に書面で契約・労働環境などについて交わすことがとても重要です。雇用契約書がある場合は大事に保管しておきましょう。仕事を始める前に雇用条件などについて確認を行う事いましょう。
解決のめどがつかないトラブルに遭遇してしまったらHRSDC(カナダ人材技能開発省)の窓口に相談したり、日系のボランティア団体などに問い合わせましょう。一人で悩んでいても何も解決しません。

■辞める時のルール
雇用契約の内容に準じますが、常識的にはTwo Weeks Noticeと言い、2週間前までに辞める意思を伝えます。いきなり退職して、人に迷惑がかかるようなやめ方は絶対に避けましょう。
解雇の場合は48時間以内に雇用者は全ての給与を労働者に払う義務があります。自己都合による退職・辞職・辞任は6日以内に給与が支払われます。

■交通費について
カナダでは一般的に交通費は支給されていない所がほとんどです。面接時や、応募時に確認しておきましょう。

■労働時間についての決まり
一日に8時間、一週間でトータル40時間が基準労働時間となります。これを超えた場合は超過勤務となり、8時間以上は給料の1.5倍、12時間を越える場合は給料の2倍が支払われなければいけません。

■休憩・有給
一日のうちで5時間以上働く場合は、最低30分の休憩をとる事が義務付けられています。また30日以上働くと、有給を使う資格が与えられます。ただしその直前30日以内に15日以上勤務している必要があります。


労働基準法は州ごとに制定されており、各州政府のウェブサイトで確認する事ができます。
以下にカナダの労働基準、および州ごとの労働基準について確認できますのでご参照ください。


■レジュメはお仕事探しに必須です。レジュメの基本を知って採用者が読みやすいレジュメを作りましょう。

レジュメの書き方はこちらから

■カバーレターはレジュメの表紙になります。採用者の心を掴むカバーレターを書きましょう。

カバーレターの書き方はこちらから

■最終段階の面接では、事前にしっかり練習をして採用者に良い印象を残し、お仕事ゲットに繋げましょう。

面接の極意はこちらから

▲ページトップ